textiledesignB

CABBO new textile graphics for 2016-17 model
CABBOのニューモデル用の生地のデザインがフィックスしました。写真は実際のウェットスーツ生地にプリントした色校の最終版。この微妙な色合いを出すために何度も調整を繰り返しました。
4種類の生地を組み合わせて今年のラインナップに反映させます。柄の一つ一つに意味があり、ブランドのフィロソフィーである「Aim for the best , Prepare for the worst」をフィーチャーした今期のデザイン。
「最高の結果を目指し、最悪に備える」これはアウトドアマンや大自然のなかで仕事などする人の間ではあたりまえのことですが、フィールドに入る前に起こりうるすべてのバッドシチュエーションを想定しそれに備えるギアやマインドをセットしてからベストを目指すこと。CABBOはBestを狙える機能性とWorstの状況にも対応できうるタフさや安全性を合わせ持った、ユーザーの良きパートナーでありたい。そんな想いからこのフレーズを今期のデザインに取り入れました。

rippleCABBO Ripple

「パドルで広がるポジティブな波紋と輪」と太陽をイメージしたRipple(波紋)柄。水面にいれたパドルから広がる水紋を木版でCABBOらしく表現。男女共に似合う柄と色です。

 

 

 

plaidPADDLE MAN Plaid

 

CABBOの守護神的トレードマークPADDLE MANのPLAID(チェック)柄。
去年に引き続きマイナーチェンジして今年もラインナップに残しました。毎回生地の色を決めるときに実際のウェット生地にプリントするのですが、普通の洋服ではなくウォータースポーツ用なので水に濡らした状態での発色もチェックしてます。濡れてても乾いてても納得のいく色合いを出すのは結構難しいですが、両状況で色が映えるようにバランスをとっています。

 

 

herringboe

CABBO Herringbone Coyote Brown

herringbonegray

CABBO Herringbone Wolf Gray

Herringbone(ヘリンボーン)柄。
開きにしたヘリング(ニシン)の骨の模様に似てることから「ニシンの骨」模様、日本だと杉綾模様とか呼ばれたりします。長方形が「人」の形のような支え合う角度で密集することで生まれるこの柄は建築のタイルやフローリングなどでもよく使われ、手間がかかるが組み込まれたあとはどんな方向からの力にも耐える強度があるらしい。そのヘリンボーン柄のなかにランダムにPADDLE MANの目を配置し、常に環境の変化に気付き、”Prepare for the worst”できるように!という意図。
色はコヨーテブラウンとウルフグレイ。この柄のウェットパーカーが非常におすすめです。
この生地を使用したモデルのラインナップが、ロングジョン、フルスーツ、パドルパンツの順番に近日中に発表しますのでお楽しみに!

One thought on “New textile design 2016-17 models

Comments are closed.

© 2015 PAX CREATION DESIGN LLC.

Company info | Privacy policy | Terms